持続可能な世界を実現する

Specialセンパイインタビュー

オスカーではたらくセンパイたちの声を紹介しています。

入社のきっかけから日々の心がけまで CROSS×TALK センパイ社員のホンネ

どうして住宅業界に就職しようと思いましたか?

幸田

前職は住宅業界ではなかったけど、建設系だったからでしょうか…

小松

私たちは、工業高校だったこともあるし、現場監督になりたいという思いがありました!

菅野

はい!僕も現場監督志望で入社しました。でも同じ会社でも住宅営業は大変そうだし、ちょっと抵抗あります…。

あ、それはわかる!! 

菅野

……木下さんは、なんで住宅営業をやろうと思ったんですか?

木下

え~っと…合同説明会とか企業説明会のときに色んな企業の話聞いて、どんな会社でも営業はやりたいなと思いましたね。

小松

でも住宅営業ってノルマとか多そうなイメージだし、大変そうなイメージありますよね?不安とかなかったんですか?

木下

不安はもちろんありましたけど、大変な仕事の方がやりがいあるし、挑戦してみたい!って強く思ったのもありますね。現に大変だけど辞めたいとは感じていないですし。

幸田

でもどうしてオスカーに入社したんですか?

木下

僕、会社説明会に来るときに迷子になっちゃいまして(笑)

えっ…

木下

その時の人事の方の対応がとっても親切で。やっぱり人間関係がいい会社で働きたいじゃないですか!

なるほど。
それはそうですよね。

会社の雰囲気はどうですか?

アットホーム!

幸田

さっき住宅営業のイメージってあまりよくないって話が出ましたけど、オスカーの住宅営業はいいなって思うこともありますね!営業所の雰囲気もいいし、営業所単位で頑張ろうって感じもありますし。

木下

僕もやっぱり配属前はすごく不安で。でも、周りの人が何でも教えてくれて。忙しいから手取り足取り教えてくれるって状況ではないですけど、聞いたことには必ず答えてくれます。だから常にこれどうなんだろう?て考えながら仕事する姿勢が身に付きましたね。

小松

わたしの部署もそうですよ!!ベテランの方が多いから、困ったときは必ず助けてくれるし、親身になって聞いてくれます。プライベートな相談もするし、もはや家族みたいな感じです。

菅野

それをいったら工事部もですよ!部署内の雑談とかも幸せそうだな~って思うことが多いですし、役職が上の方でもフランクに話しかけてくれます。あ、僕、幸田さん一番尊敬してます!かっこいいし仕事できるし優しいし…

幸田

照れるなあ…(笑)
でも確かに、急に休まないといけない時は誰かがフォローしてくれますし、自分一人じゃ大変な作業(例えば雪かきとか、足場の解体とか)の時も、自分の現場じゃないのに部内のみんなが助けに来てくれますよね。寒い日の作業は、後輩の菅野君に押し付け…い、いや進んでやってくれますし!(笑)

ぼ、ぼく、パシリですか?!(笑)

あはは(笑)

木下

でもだからこそ、誰かのことを思いやって仕事をできる人、チームを大事にする人の方がオスカーでは働きやすいと思いますね。

営業のノルマなどはありますか?

木下

ノルマ…。ノルマはないけど目標棟数はありますよ?そもそも目標棟数がないと、自分がどのくらい目指せばいいのかわからないですよね。達成できなかったら怒られるとかはないけど、自分自身すごく悔しいです。その悔しさで来期頑張るぞ!って思えるし、逆に目標は絶対必要ですよ。

小松

メンテナンス営業も目標あります。でも、私あんまり数字を気にしてないかもしれないですね。毎日、目の前のことに一生懸命やろうって思ってやっているので、必然的に仕事量も増えます。

工事部にも目標あるけど、
営業の受注があってこそだし。

頑張って仕事します…(笑)

残業はありますか?

残業って
自分次第ですよね。

幸田

基本的にはないことが殆どだと思います。忙しい時期があるからその時期は仕方ないと思いますけど、それ以外のときは自分の段取り次第だと思います。僕は残業したくないので一日の作業の下準備はしっかりやって無駄な作業をしないようにしています。

菅野

僕はまだ担当物件が少ないけど、そういった幸田さんの仕事の仕方とかを見ながら効率的に働けるようになりたいと思っています。

小松

メンテナンス営業はお客様によって緊急対応しなくちゃいけない時もあるから、時間はまちまちになりがちですけど、決して早く帰れないわけではないです。ただ仕事も職場も大好きだから事務所に残っていたい気持ちもあります(笑)

木下

僕もお客様の仕事が終わってから商談のときもありますし、納得がいく資料が作れないときは残ってやっていきます。でもスケジュールはしっかり管理して、早く帰りたい日は集中して仕事をしますね。

仕事内容で嫌な瞬間は?

冬の現場!寒い!

木下

わかります!冬場展示場の設営とかしているときすごく寒いです。

でも、展示場は床暖房ついてて
あったかいじゃないですか!

木下

す、すみません!性能が良い住宅なのでずっと暖かいですし、高気密高断熱住宅ってやはりいいですよね~(営業スマイル)

(営業された!!!)

仕事で楽しい瞬間は?

お客様や職人さんと仲良くなれた時じゃないでしょうか。

木下

よく職人さんに缶コーヒーいただきます。

菅野

幸田さん社有車の中、缶コーヒーだらけですよね(笑)

菅野

私はお客様にお菓子いただくこともありますよ。事務所の机の引き出しお菓子でいっぱいになってます。

木下

それと「ありがとう。」の言葉はなによりうれしいですよね。

菅野

お客様にもですけど、先輩や上司に言われてもうれしいです。

小松

住宅業界って多分どの業界よりも『人』とのつながりが多いですし、人間関係とか目に見えない分、声をかけていただいた時とか信頼していただいた時とかは格別にうれしいですよね。

幸田

周りの大切さは社会人になってから強く感じます。人間関係を重視する人、挑戦してみたいけど本当に自分に務まるのかが不安な人には、ぜひオスカーに入社してほしいと思います!

数字でわかるOSCAR 教育制度 福利厚生 休日・休暇

Entry

新卒採用 キャリア採用

Access

拡大地図を表示